NEWS

新着情報

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 目の前に自由があるが選ぶのは自己責任で

目の前に自由があるが選ぶのは自己責任で

緊急事態宣言で在宅勤務になった方も多いのではないかと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?

在宅勤務になると色々としがらみがなくなり自分の思い通りに進められる反面、すべて自己責任で行わなければいけません。

結果として自分がしっかりしていないと「気が付けば時間だけが過ぎていた」という恐ろしい状態にもなりかねないので皆さん気を付けて過ごしてください。

自由には自分が選択したという責任が付いてきますので、主体性を持って自己責任の意識を持ち過ごしていきましょう。逆に言えば自ら責任をもって手放せば、それだけ「自由になれる」ということです。

色々な物を手放し「自由」を手に入れ、この先の見えない時代を楽しく過ごしていきましょう!

私は今年の年初より手放したものが「曜日感覚」です。下記に詳しく書いたので読んでみてください。

https://note.com/kandousoukolfc/n/n8b5234a7ce42

この記事に書いた通り、今回の緊急事態宣言で在宅勤務になった方も全く同じではありませんが似た状況なのではないでしょうか。

自分が望んだかどうかは別にして、テレワークになると「出勤時間」や「仕事場所」や「曜日感覚」からも解放されます。

以前の私もそうだったのですが、トイレ掃除やお風呂掃除は週末の仕事でした。またランニングや自転車に乗るようなトレーニングも週末に行っていました。

これは平日には仕事があるという関係上週末にしかできないことでした。もちろん平日にお休みをいただき、平日にトレーニングをしていたこともありますが、基本は週末の行事です。

しかし、テレワークになれば自分で主体的に決められるのでそこに「自由」が生まれます。

朝4時に起きて5時から仕事をスタートさせ、お昼には終わって昼からトレーニングというパターンもあれば、午前中にトレーニングして午後から仕事でもOKです。

午前中は家族の時間で午後から仕事でも問題ありません。

今までもフリーランスの方はこういった生活をされていたのだと思いますが、サラリーマンの方も同じような環境になります。

「毎日が日曜日」であり「毎日が月曜日」となると何が起きるかと言えば、人によってそれだけ「差」が出来るということです。

自己管理が出来る人はそれだけ自由を満喫しながら成果を出しますが、サラリーマン感覚が抜けず自己管理できない人は自由だけを受け取り成果が出せません。

出来る人と出来ない人の差がより大きくなる時代がやってきました。

突然言われても対応できない方も多いと思いますが、どちらを選ぶのも自分次第ですべて自分にかかっています。

東京ではカラオケボックスが営業が出来ないので、仕事用のフリースペースとして貸し出しをしているというニュースも見ました。

環境はお金を出さなければ買えないのでこういったスペースにも需要が出てきています。

こういった差のつく時代だからこそ、自己責任で自由を選択し成果を出していきましょう。

今日の一言
自由は自分で選択できるもの

コワーキングスペースディライトも皆さんの質の高い仕事のサポートをしています。お近くの方は是非お立ち寄りください。

お知らせ

お知らせ一覧
月を選択